商品先物取引とレバレッジ

ビリオネアのウォーレン・バフェットから投資を学ぼう

商品先物取引とレバレッジ

商品先物取引でレバレッジという言葉が出てきますが、レバレッジとはどのようなことを指すのでしょうか?!レバレッジの言葉の意味は「てこ:レバー:leverの使用」という意味でつまり他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めることのことを言います。もしくはレバレッジは自己資本の高まる倍率のことをレバレッジと言います。自己資本で経済活動をする際に、もっと利益率を高めたいといったときに、他人資本を用いる(レバレッジ効果)ことで可能になるので、商品先物以外にも為替証拠金取引(FX)などの取引などでもレバレッジ取引が一般化しています。

【手持ちの資金よりも大きい金額を動かすこと】これが投資の世界でいうレバレッジです。投資をする時に、自己資金だけではなく多くの資金を調達して投資をすることを「レバレッジを掛ける」といいます。

20世紀の初めぐらいから、金融取引で意識的にレバレッジ効果を働かせるようになっています。ブローカーズローンと呼ばれた取引では、購入する株式を担保にして資金を借りて株式を購入できます。そのため自己資本以上の投資を行うことが可能になりました。もちろん今でも外国為替証拠金取引や商品先物取引そして株式信用取引といったときに、他人資本を導入してレバレッジ効果を働かせた投資をすることができます。


日本企業でのレバレッジ効果

高度成長期に日本企業では大幅に借り入れを増やしました。そのため他の先進国よりも日本企業は伝統的にレバレッジ効果が高いとされてきました。ところが日本の中小企業では、伝統的に家業的な側面での企業が多くなっているため中小企業に対する法人融資では、経営者つまりオーナー個人による連帯保証が発達しているため、個人オーナーの土地家屋を担保にした法人融資という点を考慮すると本来の意味でのレバレッジ効果は限定的なものになっています。

そして1970年代後半以降には優良な製造業が債務の返済に転じたために、1990年代末頃の時には有利子負債返済の大ブームになりました。そのために一部の企業では多額の現金を抱えることになったため、逆レバレッジ効果が働いています。つまり自己資本の中で投資する割合を低くすることで、自己資本に対する利益変動性を低下させることになるので、安全性を高めることになります。

欧米企業では、一般的に自己資本比率が高くなっていて、日本の企業は自己資本比率が低くなっています。そしてアメリカ系の企業は自己資本比率が高いとされていますけれども、上場企業と非上場企業によってその性向はことなっていて、中小企業では金融機関からの借入れ比率がやや高くなっています。

ヨーロッパでは伝統的に社債市場が発達しているので、アメリカ系の企業よりも自己資本比率が低くなっています。アメリカ系企業がヨーロッパに子会社を設立する時にも、アメリカ本国の本社から直接資本投下をおこなうより、ヨーロッパの現地で社債を発行して資本調達を行う傾向にあります。

バブル経済が崩壊してから、日本企業では自己資本を積み増す傾向にありますが、これについても業種業態や個別企業によって様々な状況になっています。一例にあげるなら、かつては無借金経営ととても注目を浴びたこともまるトヨタ自動車でも、本社の単体では金融機関からの借入れがありませんが連結会計になると多額の有利子負債があるため、連結自己資本比率は30%台となります。

連結自己資本比率になると30パーセントになる理由には、顧客向けのオートローンといった金融事業会社を子会社のトヨタファイナンスに持っていることや、買収などで連結化した新しい子会社に有利子負債が存在しているためです。オートローン事業については、顧客債権を証券化して他の金融機関に引き受けさせている場合には、貸倒リスクは保証料として損益処理できているため、この場合にどこまでを正味の他人資本のレバレッジと評価できるかを会計資料だけで判断するのは、とても難しいことになります。


商品先物取引のレバレッジ

レバレッジをすることで、自己資金よりももっと大きな金額での取引をすることができますが、商品先物のレバレッジをする場合には、銘柄ごとに違っています。主要銘柄のレバレッジの場合、だいたいが10~20倍程度になっていますが、FXの場合はもっと大きな100倍などのレバレッジがあるのでFXと比較すると少なく感じるかもしれません。そして先物商品の場合にレバレッジを計算するには3つのデータが必要になります。価格・倍率・証拠金のデータです。そして証拠金は変更されることもあるのでご注意してください。FXと違う点として、商品先物の場合にはレバレッジを選ぶことは出来ません。

主要銘柄レバレッジ

…倍率1000倍:レバレッジ22倍
白金
…倍率500倍:レバレッジ14倍
一般大豆
…倍率10倍:レバレッジ16倍
トウモロコシ
…倍率50倍:レバレッジ19倍
ガソリン
…倍率50倍:レバレッジ12倍
灯油
…倍率12倍:レバレッジ50倍
ゴム
…倍率5000倍:レバレッジ12倍

学べ!株主優待生活

ご存知でしたか?2カ国留学は、これからの留学のスタンダード!フィリピン留学で英語力を身につけた後、イギリス留学ドットコム ワーキングホリデーを行う2か国語留学が人気です!詳しくはイギリス留学ドットコムへ!

↑ ページの上部へ

商品先物取引をするには、徹底的に知ることが大事

ウォーレン・バフェットから学びたい!

世界最大の投資会社バークシャー・ハサウェイ